のまどイベントのお知らせ  


1月のイベントの開催が決定しました。

1/20(木)に新刊『クリエイティブサウナの国ニッポン』(学芸出版社)の発売を
記念して、著者でサウナ文化研究家のこばやしあやなさんをお招きして、ブームに
沸く日本のサウナ事情についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。

また、1/28(金)に新刊『台湾対抗文化紀行』(晶文社)の発売を記念して、
著者でライターの神田桂一さんをお招きして、台湾カルチャーを巡る旅について
スライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。

同時にオンライン配信も実施しますので、ご視聴を希望の方は
下記のサイトからお申込み下さい。
https://twitcasting.tv/nomad_books/shop

*イベント開催にあたって、新型コロナウィルス感染防止のため、
参加者の方には以下の注意事項に関してご協力いただければ幸いです。


◆参加の際には必ずマスク着用をお願いします。
(お忘れの場合は当店で準備したマスクを配布します)

◆イベント当日に熱があったり体調がすぐれない場合は、
イベントの参加を見合わせていただければ幸いです。

◆イベント後のサイン会の際には、著者の方との握手は
ご遠慮をお願いします。



過去のイベント一覧はこちら


2022年 1月20日(木曜日)
●こばやしあやな

サウナ文化研究家。1984年岡山県生まれ、大阪・神戸育ち。大阪大学大学院に在学中、フィンランド・ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)建築学科に留学し、帰国後にフィンランド語の独学を始める。東京で雑誌編集者として働いたのち、2011年フィンランドに移住しユヴァスキュラ大学人文学部で芸術教育学を学ぶ。同時期に「Suomiのおかん」の屋号を掲げ、在住コーディネーター、ライター、通訳翻訳者としての活動を開始。「フィンランド公衆サウナの歴史と意義」というテーマで執筆した修士論文が話題になり、2016年に同大学院修士課程を首席で修了。卒業後に起業しコーディネート業務を続けるかたわら、サウナ文化のエキスパートとして、日フィン両国のメディア出演や講演活動、諸外国の浴場文化のフィールドワークを行なっている。2018年に著書『公衆サウナの国フィンランド』(学芸出版社)を出版。

◆こばやしあやなさんHP
「Suomiのおかん」
https://www.suomi-no-
okan.com


サウナ文化研究家 こばやしあやなさん スライド&トークイベント

「日本のクリエイティブなサウナの魅力」







2022年1月20日(木)

19:30〜(19:00開場)





新刊『クリエイティブサウナの国ニッポン』(学芸出版社)の発売を記念して、著者でサウナ
文化研究家のこばやしあやなさんをお招きして、ブームに沸く日本のサウナ事情ついて
スライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。前作『公衆サウナの国フィンランド』
では、斬新なアイデアと熱意で街にサウナを呼び戻した現地のリーダーたちの話を交え
ながら、フィンランドのサウナ文化の基礎知識や楽しみ方、公衆サウナの魅力について
紹介していたこばやしさん。新刊は、日本のサウナ史を振り返りながら日本サウナの
オリジナリティを徹底解剖し、近年の活気とクリエイティビティに溢れている日本のサウナ
の施設や愛好家について紹介した1冊になっています。現地フィンランドの大学で公衆
サウナについての論文を執筆し、サウナ本場の国フィンランドに暮らすこばやしさんだけ
に、日本のサウナ文化とフィンランドのサウナ文化の違いなど、こばやしさん独自の視点
から見た貴重なお話が聞けるはず。こばやしさんのファンの方はもちろん、日本のサウナ
の現状を知りたい方やサウナの歴史や文化に興味のある方はぜひご参加くださいませ!





*トーク終了後、ご希望の方にはサインも行います。

*当日は新刊「クリエイティブサウナの国ニッポン」をはじめ、こばやしさんの著作本や
フィンランドやサウナ関連本をまとめて販売する予定です。






お申込みはコチラから

(お名前、お電話番号、参加人数を明記してください)

*オンラインでの参加も可能です。
配信での参加をご希望の方はこちらからお申込み下さい。


配信視聴券 1000円(ツイキャスプレミアム配信)

https://twitcasting.tv/nomad_books/shopcart/121917




【参加費】 1000円(会場参加)※会場入口にてお支払い下さい
    1000円(オンライン配信)
※下記のサイトからお支払い下さい

https://twitcasting.tv/nomad_books/shopcart/121917


【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、お電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど

  協力:学芸出版社
2022年 1月28日(金曜日)
●神田桂一(かんだけいいち)

1978年大阪生まれ。フリーライター、編集者。一般企業に勤めたのち、写真週刊誌『FLASH』の記者に。その後『マンスリーよしもとプラス』編集を経て、海外放浪の旅へ。帰国後『ニコニコニュース』編集記者として活動し、のちに、フリーランスとなる。雑誌は『ポパイ』『ケトル』『スペクテイター』などカルチャー誌を中心に執筆。ウェブでは『やまもといちろうメルマガ』編集、『本の雑誌』『論座』などに寄稿し、その他マンガ『アイアムアヒーロー』のリサーチなども行う。著書に『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(菊池良との共著、宝島社)、『おーい、丼』(ちくま文庫編集部編、ちくま文庫)。マンガ原作に『めぞん文豪』(菊池良との共著、河尻みつる作画、少年画報社。『ヤングキング』連載中)。

◆神田桂一さんnote
https://note.com/pokkee/


ライター 神田桂一さん     
    スライド&トークイベント


「台湾カルチャーを
巡る旅」







2022年1月28日(木)

19:30〜(19:00開場)





新刊『台湾対抗文化紀行』(晶文社)の発売を記念して、著者でライターの神田桂一
さんをお招きして、台湾カルチャーを巡る旅についてスライドを眺めながらたっぷりと
語っていただきます。ベストセラー『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』、
人気マンガ連載『めぞん文豪』の共著者で、フリーランスライターとして活躍する神田さん。
新刊は、海外放浪の旅の途上で訪れた台湾で、現地の人びとと交流するうちに台湾
の対抗文化やDIYシーンに魅せられた神田さんが、インディ音楽シーン、インディペン
デント誌『秋刀魚』、オルタナティブスペース「waiting room」など、現在進行形の台湾
カルチャーを案内しながら、これからの時代の生き方や働き方を考えた紀行エッセイ
です。台湾カルチャーの魅力に取りつかれて何度も台湾に足を運んで取材をしている
神田さんだけに、グルメや観光とはまた一味違った台湾の知られざる面白さについて
貴重なお話が聞けるはずです。神田さんのファンの方はもちろん、台湾が好きな方や
台湾カルチャーに興味のある方はご予約はお早めにお願いします。






*トーク終了後、ご希望の方にはサインも行います。

*当日は新刊「台湾対抗文化紀行」をはじめ、神田さんの著作本や
台湾の関連本をまとめて販売する予定です。






お申込みはコチラから

(お名前、お電話番号、参加人数を明記してください)

*オンラインでの参加も可能です。
配信での参加をご希望の方はこちらからお申込み下さい。


配信視聴券 1000円(ツイキャスプレミアム配信)

https://twitcasting.tv/nomad_books/shopcart/125094




【参加費】 1000円(会場参加)※会場入口にてお支払い下さい
    1000円(オンライン配信)
※下記のサイトからお支払い下さい

https://twitcasting.tv/nomad_books/shopcart/125094


【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、お電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど

  協力:晶文社