[

のまどイベントのお知らせ  


4月&5月のイベントが決定しました。

4/28(金)に新刊『遊牧夫婦 はじまりの日々』(角川文庫)の発売を記念して、
著者でライターの近藤雄生さんと旅行作家の吉田友和さんのお二人をお招きして
男女二人で世界を旅する魅力についてスライドを交えながら対談トークをしていただきます。

また、5/18(木)に作家でジャーナリストの佐々木俊尚さんと旅作家の小林希さんの
お二人をお招きして一箇所にとどまらない多拠点生活の楽しみ方について
対談トークをしていただきます。

さらに、5/25(木)に新刊『カナダ 歴史街道をゆく』(文藝春秋)の発売を記念して、著者で
ノンフィクション作家の上原善広さんをゲストにお迎えして、知られざるカナダの魅力と
その歴史についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、

参加ご希望の方はご予約はお早めにお願いします。


過去のイベント一覧はこちら


2017年 4月28日(金曜日)


●近藤雄生(こんどうゆうき)

1976年東京生まれ。大学院修了後、結婚直後に妻とともに日本を発つ。世界各地で取材・執筆活動をしながら5年半の海外「遊牧」生活を送る。2008年秋に帰国以来、妻の地元京都市在住。著書に『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)、『遊牧夫婦』シリーズ3巻(ミシマ社)。雑誌連載『新潮45』「吃音と生きる」『考える人』「ここがぼくらのホームタウン」他、ウェブでもエッセイ、サイエンスなどの分野で執筆。京都造形芸術大学/大谷大学 非常勤講師。理系ライターグループ「チーム・パスカル」メンバー。

◆近藤雄生HP
http://www.yukikondo.jp/



●吉田友和(よしだともかず)

1976年千葉県生まれ。旅行作家・編集者。初海外にして新婚旅行の模様を綴った『世界一周デート』(幻冬舎)や、『自分を探さない旅』(平凡社)など旅の著書多数。国内外を精力的に旅してまわり、エッセイを発表している。近著に『10日もあれば世界一周』(光文社)、『ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン』(幻冬舎)、など。

◆旅行作家★吉田友和
Official Web
http://www.tomotrip.net/


◆近藤雄生さん×吉田友和さん
   対談トークイベント◆


「二人で世界を旅して
みよう」







2017年4月28日(金)
19:30〜(19:00開場)







新刊『遊牧夫婦 はじまりの日々』(角川文庫、2010年ミシマ社版を大幅に刷新)
の発売を記念して、著者でライターの近藤雄生さんと旅行作家の吉田友和さんの
お二人をお招きしてカップルで世界を旅する魅力についてスライドを交えながら対談
トークをしていただきます。新婚早々、一度も日本で新婚生活を経験することなく
夫婦で5年にもおよぶ長い旅を経験し、帰国後はライターとして旅の記録をまとめ
た『遊牧夫婦』シリーズ全3作の執筆や、非常勤講師として大学で教えるといった
活動をしている近藤雄生さん。そして、同じく新婚旅行でいきなり海外デビューして
1年半にもおよぶ長い旅を経験し、帰国後、その新婚旅行をまとめた著書『してみ
たい!世界一周』がベストセラーになり、その後は旅行作家として数多くの旅行記
やエッセイ、ガイド本などを執筆している吉田友和さん。くしくも夫婦で世界を旅した
ことがきっかけでライターとしてデビューしたお二人だけに、男女二人で海外を旅する
ためのノウハウや旅行中の面白エピソードや苦労話、カップルで旅する楽しみなど、
実体験に基づいた貴重なお話が聞けるはずです。近藤さんや吉田さんのファン
の方はもちろん、カップルで旅行の予定がある方や世界一周の旅に興味のある方
はぜひご参加ください!

















※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。


*会場にて新刊『遊牧夫婦』をはじめ
近藤さんや吉田さんの著作や世界一周関係の本を販売します!





お申込みはコチラから

(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)




【参加費】1000円

※当日、会場入口にてお支払い下さい



【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど
 協力:角川文庫
2017年 5月18日(木曜日)


●佐々木俊尚(ささきとしなお)

作家・ジャーナリスト。 1961年兵庫県出身。毎日新聞社などどを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆している。最新刊は「そして、暮らしは共同体になる。」。「21世紀の自由論?『優しいリアリズム』の時代へ」「キュレーションの時代」など著書多数。議論コミュニティ「LIFE MAKERS」主宰。TABI LABO創業メンバー。TOKYO FM「タイムライン」MC。フジテレビネット放送・ホウドウキョク「あしたのコンパス」アンカー。テレビ東京「未来世紀ジパング」レギュラーコメンテーター。



●小林希(こばやしのぞみ)

旅作家。1982年東京都出身。元編集者。 新卒から7年勤めた出版社を辞めて世界一人旅へ。帰国後、その旅のことを綴った『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で作家デビュー。著者に、『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』(幻冬舎)や『美しい柄ネコ図鑑』(エクスナレッジ)など。雑誌『Oggi』(小学館)で旅コラムを連載中。BSフジで『小林希世界の猫宿』毎週土曜日放送中。現在50カ国以上をめぐる。

◆インスタグラム&ツイッター:
nozokoneko


◆佐々木俊尚さん×小林希さん
   対談トークイベント◆


「多拠点生活のススメ」







2017年5月18日(木)
19:30〜(19:00開場)







東京、軽井沢、福井の3拠点生活をおくる、作家でジャーナリストの佐々木俊尚さん。
そしておもに東京、瀬戸内の島々、海外の3つで生活している旅作家、小林希さん。
「場所に縛られない暮らし」に焦点を当てたトークショーを開催します。
一箇所にとどまらない魅力とは何か。
なぜ生活の拠点を多箇所におくのか。
今いる環境に満足していない方、その答えが「多拠点生活」にあるのかも?
多拠点生活の基本的な「なぜ?どうして?」から始まり、実際始めてみてこうだった、
多拠点生活あるある、などなどをざっくばらんにお話しいただきます。













※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。


*会場にて佐々木さん、小林さんの著作や移住関連の本を販売します!





お申込みはコチラから

(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)




【参加費】2000円

※当日、会場入口にてお支払い下さい



【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 協力:旅の本屋のまど
2017年 5月25日(木曜日)


●上原善広(うえはらよしひろ)

1973(昭和48)年、大阪府生まれ。東京都在住。大阪体育大学卒業後、ノンフィクション作家となる。2010年、『日本の路地を旅する』(文春文庫)で第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年第18回雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞。2017年『一投に賭けるー溝口和洋 最後の無頼派アスリート』(角川書店)で第27回ミズノ・スポーツライター賞優秀賞受賞。著作は『被差別の食卓』(新潮新書)、『被差別のグルメ』(新潮新書)、『異邦人』(文春文庫)、『発掘狂騒史ー岩宿から神の手まで』(新潮文庫)など多数。

◆上原善広ブログ
「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.
info/



◆ノンフィクション作家 上原善広さん
   スライド&トークイベント◆


「知られざるカナダの魅力を巡る旅」







2017年5月25日(木)
19:30〜(19:00開場)







新刊『カナダ 歴史街道をゆく』(文藝春秋)の発売を記念して、著者でノンフィクション
作家の上原善広さんをゲストにお迎えして、知られざるカナダの魅力とその歴史に
ついてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。「日本の路地を旅する」、
「被差別の食卓」などこれまでに国内・海外の路地や被差別部落に関する著作が
多数ある上原さんが今回注目したのは、カナダ。2017年、建国150周年を迎える
カナダは、建国以来、世界中からの移民を受け入れ、多民族主義を宣言し、異なる
ルーツの人びとが幸福に共存する道を選んできました。本書では、その広大な国土
を、上原さんが、一年目はプリンス・エドワード島からウィニペグまで、二年目は東端
の地ニューファンドランドを起点に、鉄道でトロントからバンクーバー、さらに北上して
北極圏のタクトヤクタックまで踏破した記録が綴られています。カナダ全土に張り巡
らされた「トランス・カナダ・トレイル」(TCT)という古い街道や廃線になった線路跡など
のトレイルを自転車でめぐったり、先住民と共にユーコンで狩りをしたりするなど、
長年、世界を駆け巡って現地を取材してきた上原さんならではの、カナダの歴史を
通して体感したカナダの「今」のお話が聞けるはずです。普段あまりトークイベント
をしない上原さんの話を生で聞けるチャンスですよ。上原さんのファンの方は
もちろん、カナダの歴史や文化に興味のある方やカナダ旅行の予定がある方は
ぜひご参加ください!












※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。


*会場にて新刊『カナダ 歴史街道をゆく』をはじめ
上原さんの著作やカナダ関係の本を販売します!





お申込みはコチラから

(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)




【参加費】1000円

※当日、会場入口にてお支払い下さい



【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど
 協力:文藝春秋