のまどイベントのお知らせ  


3月のイベントが決定しました。

3/12(木)に新刊『12万円で世界を歩くリターンズ タイ・北極圏・長江・サハリン編』
(朝日文庫)の発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんをお招きして、30年振りに
挑戦した12万円の旅の続編についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。


なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、

参加ご希望の方はご予約はお早めにお願いします。


過去のイベント一覧はこちら


2020年 3月12日(木曜日)
●下川裕治
(しもかわゆうじ)

1954年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。新聞社勤務を経てフリーに。アジアを中心に海外を歩き、『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)でデビュー。以降、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている。『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)、『「生き場」を探す日本人』『シニアひとり旅バックパッカーのすすめ アジア編』(ともに平凡社新書)、『ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅』(中経の文庫)など著書多数。

◆下川裕治さんブログ
「たそがれ色のオデッセイ」http://odyssey.namjai.cc/


旅行作家 下川裕治さん   
   スライド&トークイベント◆


「30年振りに12万円で
世界を歩いてみた
〜 タイ・北極圏・長江・サハリン編







2020年3月12日(木)

19:30〜(19:00開場)





新刊『12万円で世界を歩くリターンズ タイ・北極圏・長江・サハリン編』(朝日文庫)の
発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんをお招きして、30年振りに挑戦した12万円
の旅の続編についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。80年代に
雑誌「週刊朝日」の連載で1回12万円の予算で、赤道直下、ヒマラヤ、カリブ海といった
12のルートにビンボー旅行に出かけ、1990年に『12万円で世界を歩く』で旅作家として
鮮烈デビューした下川さん。あれから30年。昨年出版された『12万円で世界を歩く リタ
ーンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編』では、赤道越え、ヒマラヤトレッキン
グ、バスでアメリカ一周など、30年前に旅した同じルートの内、4つのルートを再び挑戦
した下川さん。新刊では、自由度を増したタイ国境をめぐり、北極圏を目指して泥道ハイ
ウェーを北上し、空振りばかりの長江を遡る旅を敢行。さらには「12万円でサハリンに暮
らす」ことにも挑戦しています。LCCは全盛期を迎え、世界の物価は大幅に上昇したこの
30年間で旅はどう変わったのかを下川さん自身の30年間の旅人生を振り返りつつ、貴重
なエピソードを交えながらお話していただきます。下川ファンの方はもちろん、バックパッ
カーの旅が大好きな方や個人旅行に興味のある方はぜひご参加ください!















*トーク終了後、ご希望の方にはサインも行います。

*当日は新刊「12万円で世界を歩くリターンズ タイ・北極圏・長江・サハリン編」を
はじめ、下川さんの著作本やバックパッカー関連の本をまとめて販売します。






お申込みはコチラから

(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)





【参加費】1000円


※当日、会場入口にてお支払い下さい



【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、お電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど

  協力:朝日新聞出版